21:47 2018年07月18日
2018夏ロシア・サッカーW杯

2018夏ロシア・サッカーW杯へ ロシアが日本語ボランティア通訳を準備

© Sputnik / Anton Denisov
スポーツ
短縮 URL
130

来夏に迫ったロシアでのサッカーW杯に世界中からの集客を見込んで、モスクワでは日本語のボランティア通訳の募集に特に力が注がれている。こうした取り組みをモスクワ市スポーツ観光課のアレクセイ・チフネン副課長が明らかにした。

スプートニク日本

日本語通訳募集に特別な取り組みが行われる理由についてチフネン副課長は、日本人観光客の急速な増加と、W杯に日本代表チームが参加することからこうした策がとられることになったと説明している。来年のW杯には世界から32の代表チームが参加する。

現時点の情報ではモスクワで活躍する外国語のボランティア通訳の数は9千人。通訳たちは空港、ホテル、スタジアム、市内で観光客たちを助ける。モスクワ市はこのほかにホテルの予約状況のモニタリングを行い、どこのホテルにどこの国からの宿泊客が集中しているかを調べ、ボランティア通訳の配置の適正化を図る。

ロシアのサッカーW杯は2018年6月14日から7月15日までの期間、首都モスクワの他、サンクト・ペテルブルグ、カザン、ソチ、ニージヌィ・ノヴゴロド、サマーラ、ヴォルゴグラード、ロストフ・ナ・ドゥヌー、カリーニングラード、エカチェリンブルグ、サランスクの11都市で開催される。

先の報道によると、国際サッカー連盟(FIFA)のチケット専用サイトが、ロシアで開催される2018年サッカーW杯のチケット販売をめぐる騒動を受けてアクセス不能となっている。

ロシアでは近年、若者の間でボランティア活動への興味が高まっており、こうした活動に参加する若者の数が過去1年で52%も増加した。

また、この夏に行われた国内のアンケート調査でも、ロシアの若者への評価が上がっており、最も広範に見られる道徳的な長所として物おじせずに交際すること、几帳面さ、スポーツ愛好、活発性、物質的価値を志向することが挙げられている。

タグ
スポーツ, サッカー, 2018年のロシアW杯, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント