08:23 2018年11月13日
羽生選手

羽生選手の滑りは一層の見応えと興味深さ=世界選手権金メダル保持者

© Sputnik / Alexey Filippov
スポーツ
短縮 URL
0 226

2006年の五輪で銀メダル、2つの世界選手権で金メダルを獲得し、現在コーチとして活躍するスイス人元スケーター、ステファン・ランビエール氏はロシアの「RーSPORT」のインタビューを受けて、羽生結弦選手が今シーズン取ったプログラムは正しい選択だったと述べた。

スプートニク日本

羽生選手は五輪シーズンに、すでに演じたことのあるプログラムを残すことを決めた。フリーの『SEIMEI』はGPファイナルの勝利と、2016年度世界選手権の銀メダルをもたらし、ショパンの曲を用いたショートプログラムはすでに、ソチ五輪優勝後2シーズン連続で演じられている。

「最初はこの措置の是非を大きく疑いましたが、その後、トロントのスケートリンクで結弦に会いました。彼はフリー(プログラム)を見るよう頼みました。正直に言えば、羽生がいかに音楽を解釈しているかに衝撃を受けました。どれほど彼が強調すべきところで正確か、これは2年前、彼が『SEIMEI』を初めて滑ったときのものとはかけ離れたものです」

「ちょうどその時、昔のプログラムをこうして作り直すことで、スケーターの内面の成長を見ることができると考えていました。」

「羽生のショパンの曲のショートプログラムについても同じことを言えます。一層見ごたえが出て、もちろん、興味深くなりました。」

関連ニュース

フィギュア ロシア杯 羽生はSP2位【動画】

ロシア杯に向け練習 羽生選手を見るために約2000人が集まる

タグ
フィギュアスケート, スポーツ, 羽生結弦
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント