03:07 2018年02月19日
東京+ 2°C
モスクワ-3°C
    レスリングW杯表彰式(C)CHUVASH REPUBLIC

    レスリング日本女子、中国を下しW杯3連覇

    © 写真: CHUVASH REPUBLIC
    スポーツ
    短縮 URL
    0 01

    1日~2日にかけて、ロシアのチュヴァシ共和国・チェボクサルィでレスリング女子の国別対抗戦、ワールドカップが行なわれ、日本は中国に辛勝して3連覇を果たした。チェボクサルィ・アリーナには両日あわせて1万人以上の観客が訪れた。

    スプートニク日本

    日本人選手では48キロ級の世界女王・須崎優衣選手、53キロ級の向田真優選手が4戦全勝。日本は決勝で4勝4敗だったが、17対16で1点勝ち点を上回り、トロフィーを死守した。日本が同大会で優勝するのは9回目。ロシア代表チームは5位に入った。ロシアの同大会における過去最高成績は2位だ。

    スポーツ関連のニュースはこちら

    タグ
    スポーツ, 日本, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント