11:23 2018年12月19日
シャラポワ選手

シャラポワ選手 東京五輪出場 叶わずとも失望しない

© AP Photo / Jordan Strauss
スポーツ
短縮 URL
160

ロシア人テニスプレーヤーのマリア・シャラポワ選手(30)は2020年の東京五輪へは出場したいものの、それが実現しなかったとしても失望はしないことを明らかにした。

スプートニク日本

sportbild.bild.deの報道によれば、シャラポワ選手は現在36歳の米国のセリーナ・ウィリアムズ選手と自分を比較し、自分が36になった時、あのような活動的な姿は想像できないと述べる一方で「今はそんなことは想像できませんが、決して、絶対にそういうことはないとは言うものではありません。2020年の東京オリンピックには出場できたらいいと思います。でもそうならなかったとしても失望はしません」と語った。

今年の3月、シャラポワ選手のエージェントを務めるマックス・アイゼンバッド氏は、シャラポワ選手は2016年に資格はく奪が起きなければキャリアの終了もあり得たものの、今は健康さえ許せば、東京五輪までプレーし続ける構えであることを明らかにしていた。

関連ニュース

インド警察、シャラポワに対する捜査を開始

シャラポワ、テニス以外の趣味や関心事を率直に回答

タグ
びっくり, スポーツ, 五輪, テニス, マリア・シャラポワ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント