08:08 2019年04月24日
高難易度の技のザギトワか 殿堂入りのメドベージェワか 平昌五輪の金は誰の手に?【動画】

高難易度の技のザギトワか 殿堂入りのメドベージェワか 平昌五輪の金は誰の手に?【動画】

© Sputnik / Grigory Sysoev
スポーツ
短縮 URL
0 71

先日、モスクワのフィギュア世界選手権でロシアのメドベージェワVSザギトワの戦いがあからさまに展開された後、平昌五輪を前にメダルの行方を詮索する発言が増えてきた。世界に君臨する記録を樹立、不動の存在とされてきたメドベージェワが彗星のごとく出現した、わずか15歳のザギトワに敗れた。躍進のザギトワに女王メドベージェワは勝てるのか?

スプートニク日本

2012年の世界選手権で銀メダルのロシアのアリョーナ・レオノワ選手(27)は、「この3人(メドベージェワ、ザギトワ、ソツコワ)の誰もが五輪の表彰台に上る力を持っていると思う」と語る。

「プログラムの難度で言えばザギトワがトップ。一番難易度の高いジャンプの組み合わせを跳ぶし、今季、ハイレベルの技の組み合わせをもらえるだけ力を伸ばした。フィギュア界ではすでに彼女の名は轟いている。第2の評価という点ではミスをおかさず滑ることができれば他のリーダーらと同格になると思う。すべてうまくいけば、金メダルにも手が届くだろう。」

気になる順位についてレオノワ選手はずばり「この3人のうち、勝つのは一番強靭な神経の持ち主。失敗する人が出てくるとすれば、その原因は神経につきる」とにらんでいる。

たしかにザギトワのジャンプは非常に高い。本人も試合後のインタビューで「ずっと跳び続けていたかった」とケロリと言うくらい、疲れも乱れも全くない。それに比べて怪我の治療で2度の大会を逃したメドベージェワは、欧州選手権のショートプログラムでまさかのミスをおかした。ファンが不安になるのも無理はない。ただしフィギュアは技術だけではない。フィギュアの女王の異名を勝ち得たメドベージェワの芸術性は孤高だとの声も高い。

メドベージェワの振付担当の元アイスダンスのイリヤ・アベルブフ氏は、欧州選手権での彼女のエキシビション・ナンバー「ククーシュカ(郭公)」を評して、次のような状況判断を語っている。
「このナンバーで彼女(メドベージェワ)が伝えたかったことは『石となり横たわるか、星となり輝くか』ということだ。実際、問われているのはまさにこれなのだから。」

アベルブフ氏はメドベージェワの才能に絶大な信頼を置いている。

「私はジェーニャ(メドベージェワの愛称)を信じる。チャンピオンといわれる人がいて、偉大なチャンピオンという人がいる。両者の概念には大きな違いがある。偉大なチャンピョンには自分の道がある。その道は長く、苦難と勝利、敗北から成り立っている。ジェーニャの道は偉大なチャンピオンのそれだ。アレクセイ・ヤグディン、エフゲニー・プルシェンコといったロシアのレジェンドのような。」

関連ニュース

ロシアのフィギュア選手ら 新潟での五輪事前合宿を開始 レセプションでメドベージェワ、ザギトワらが大歓迎

フィギュア欧州選手権・エキシビション

タグ
スポーツ, フィギュアスケート, アリーナ・ザギトワ, エフゲニヤ・メドベージェワ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント