03:16 2019年07月22日
ワレンチナ・マトヴィエンコ議長

「IOCとWADAは改革が必要、民主的手続きの枠内で機能していない」=露上院議長

© 写真: The Council of the Federation of the Federal Assembly of the Russian Federation
スポーツ
短縮 URL
IOC ロシア選手団の平昌五輪出場を認めず (44)
2231

ロシア連邦院(上院)のワレンチナ・マトヴィエンコ議長は、現在、国際オリンピック委員会(IOC)と世界反ドーピング機構(WADA)を改革する必要性があると述べた。

スプートニク日本

スポーツ仲裁裁判所(CAS)の改革が必要だとIOCのバッハ会長がコメントしたことを受け、マトヴィエンコ氏は改革の可能性を認めつつも、その場合は「WADA、そしてIOCの改革についても考えることが至って自然なことだろう」と指摘した。

「特に、民主的な手続きの枠内で機能できないことに対して」改革を行う必要があるという。」

マトヴィエンコ氏はさらに、もう1つの深刻な問題、「スポーツの商業化」についても問題提起すると約束した。

「彼ら(IOCとWADA)は国際スポーツ、オリンピックを商業化した…すでにビジネスに変貌させ、アスリートではなく、利益を上げることに焦点を当てている。これは果たして正しいことか?」

マトヴィエンコ氏は、「ピエール・ド・クーベルタンが築いたオリンピックの原則は生きており、最終的には必ず勝利を収める」と確信していると述べた。

関連ニュース

IOC、統一旗で韓国・北朝鮮の入場行進を承認

プーチン大統領、五輪選手に成功を祈り、許しを求める

トピック
IOC ロシア選手団の平昌五輪出場を認めず (44)
タグ
スポーツ, 五輪, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント