16:37 2019年12月08日
メドベージェワ

メドベージェワ、本番リンクで初練習 フィギュアスケート

© Sputnik / Alexander Wilf
スポーツ
短縮 URL
0 30
でフォローする

まもなく行われるフィギュアスケート女子団体戦を前に、ロシアのエフゲニア・メドベージェワは江陵アイスアリーナの本番リンクで初練習を行った。メドベージェワは2度の世界選手権優勝経験がある。ロシアメディアが報じた。

スプートニク日本

メドベージェワは団体女子ショートプログラム(SP)に出場する。フリー出場選手は後に発表される。

メドベージェワはジョシュア・ベル演奏によるショパンのノクターン第20番をかけてSPに向けて練習した。

メドベージェワは団体戦SPの最後、10番目の選手として出場する。同グループではチェ・ダビン(韓国)、カロリーナ・コストナー(イタリア)、宮原知子(日本)、ケイトリン・オズモンド(カナダ)らが演技する。試合は11日にスタートする。

先にロシアオリンピック委員会はツイッターに、平昌入りしたメドベージェワの写真を投稿し、「ジェーニャ(メドベージェワの愛称)は疲れる飛行機ではなく、まるで美容院から出てきたように素晴らしく見える」とコメントした。

関連ニュース

高難易度の技のザギトワか 殿堂入りのメドベージェワか 平昌五輪の金は誰の手に?【動画】

タグ
スポーツ, 五輪, フィギュアスケート, エフゲニア・メドベージェワ, 韓国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント