14:08 2018年05月28日
東京+ 23°C
モスクワ+ 12°C
    平昌五輪で初めてのドーピングは日本選手

    平昌五輪で初めてのドーピングは日本選手

    © REUTERS / Stringer Austria
    スポーツ
    短縮 URL
    0 34

    平昌(ピョンチャン)冬季五輪での最初のドーピング防止規則違反が公表された。

    スプートニク日本

    スポーツ仲裁裁判所(CAS)が13日発表したところでは、ショートトラック男子の日本代表、斎藤慧選手の検体から禁止薬物「アセタゾラミド」が検出された

    平昌に出張しているCASの反ドーピング部門が違反の事実を立証したという。斎藤選手は一時的に平昌五輪から追放され、選手村を退去しなければならない。また斎藤選手は、国際スケート連盟(ISU)が運営するあらゆる競技会への出場も一時的に禁止される。

    CASは最終的な裁定を五輪終了後に出す。

    NHKによると、斎藤選手は暫定の処分を受け入れ、既に選手村を退去。ただ、日本オリンピック委員会(JOC)の会見でコメントを発表し、「ドーピングを行おうと考えたことは、一度もありません」と禁止薬物の使用を明確に否定している。

    話題のスポーツニュース&関連ニュースはぜひ、「スプートニク日本」のオリンピック特集ページでご覧ください

    タグ
    スポーツ, 五輪
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント