15:16 2018年02月24日
東京+ 12°C
モスクワ-14°C
    ミハイル・コリヤダ選手マキシム・トランコフ氏とタチアナ・ボロソジャル氏

    五輪メダリスト、コリヤダ選手の演技について語る:「平手打ちをしただろう」

    © Sputnik/ Vladimir Pesnya © Sputnik/ Ekaterina Chesnokova
    1 / 2
    スポーツ
    短縮 URL
    0 20

    2014年ソチ・オリンピックで金メダル2個を獲得したロシアのフィギュアスケート選手、マキシム・トランコフ氏(34)が、平昌五輪フィギュアスケート団体戦でのロシアのミハイル・コリヤダ選手の演技を厳しく批判した。ロシアのスポーツニュースサイト「Championat.com」が伝えた。

    スプートニク日本

    トランコフ氏は「あんな風に滑ってはだめだ」と指摘した。同氏は、五輪のような高いレベルの大会に向けて準備する際には「2倍の気合を入れる」必要があると考えている。

    トランコフ氏は、ペアを組んでいる妻のタチアナ・ボロソジャル選手の出産を受け、試合への出場を一時的に停止しているため、平昌五輪に参加していない。

    トランコフ氏は「彼(コリヤダ選手)の演技が終わった後に僕が言ったのは、この団体戦に出場していなくて助かったという言葉だよ。もしロッカールームで彼に会ったら、僕は平手打ちをしただろう」と語った。

    話題のスポーツニュース&関連ニュースはぜひ、「スプートニク日本」のオリンピック特集ページでご覧ください。

    関連ニュース

    ロシアフィギュアスケート連盟会長、コリヤダの五輪SP不調の原因を語る

    フィギュアNHK杯 中国人ペアがフリーで世界記録

    タグ
    スポーツ, 五輪, フィギュアスケート, 韓国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント