02:47 2020年08月05日
スポーツ
短縮 URL
0 10
でフォローする

フィギュアスケート米代表のミライ・ナガス(長洲未来)選手が、フィギュアスケートで最も難しいジャンプの一つ、トリプルアクセルを成功させた。五輪でトリプルアクセルを成功させた史上3人目の女子選手となった。米ABCが報じている。

スプートニク日本

12日に行われた平昌(ピョンチャン)五輪のフィギュアスケート団体女子シングル・フリーで、ナガス選手は演技最初の30秒でトリプルアクセルを決めたが、おそらくジャンプそのものよりも強い印象を与えているのは、大技を決めたあとのナガス選手の感情だろう。

今回より前に五輪でトリプルアクセルを成功させた女子選手は日本の2人、伊藤みどり選手(1992年アルベールビル大会)と浅田真央選手(2010年バンクーバー大会)だけだった。しかも浅田選手は、1大会で計3回トリプルアクセルを決めている。

映像では、自分の演技を続けるため、ジャンプ後もナガス選手が最大限の集中力と冷静さを保っているのがよく分かる。あとになってナガス選手は、トリプルアクセルを成功させたことに対して感情を爆発させている。

ナガス選手はインスタグラムで、トリプルアクセルをどのように練習したかについて語っている。

ナガス選手は最近、モスクワも訪れている。

 

Looking to the future and thinking, “Yes, I can.” #未来の未来

Публикация от Mirai Nagasu (@mirainagasu) Ноя 27, 2017 в 11:05 PST

 

関連ニュース

平昌五輪でメダルを獲得したロシア人女性フィギュアスケート選手、素晴らしい環境で練習するため日本へ

フィギュアスケート・ペア ドイツのサフチェンコ/マッソ組 SP歴代最高点

タグ
スポーツ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント