02:20 2020年09月23日
スポーツ
短縮 URL
0 41
でフォローする

スピードスケート女子500メートルで小平奈緒が18日、金メダルを獲得した。日本スピード女子史上初の偉業となった。共同通信が報じた。

スプートニク日本

フィギュア男子の羽生結弦に続き、平昌五輪第2号の日本代表の金メダルとなった。日本のメダル獲得数は計12個。

小平個人では、1000メートルの銀に続く3枚目のメダルとなった。

日本で金メダルを獲得した女子は小平の他に長野大会モーグルの里谷多英、2006年トリノ大会での荒川静香がいる。

関連ニュース

首相が羽生選手に電話 金メダルを祝福

タグ
五輪, スポーツ, 日本, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント