18:33 2018年07月23日
エフゲニヤ・メドベージェワ

メドベージェワ 「ザギトワと私は戦わねばならない 試合は毎回小さな戦争」

© Sputnik / Vladimir Pesnya
スポーツ
短縮 URL
0 31

ロシアの女子フィギュアのエフゲニア・メドベージェワ選手は平昌五輪のショートプログラムを終え、世界最高記録を出したアリーナ・ザギトワ選手に1位を譲った結果について、「メダルのことは考えないように努めている」と語った。ロシアのスポーツ紙「チャンピオナット」が報じた。

スプートニク日本

メドベージェワ選手は「私の一番の目的はミスのない演技を行い、自分自身がその滑りに満足すること」と語っている。

「私にとって今日のことは特別な経験でした。どんなに周りを見ないように努力し、自分に集中しようとしたか。ただ、もっと強い自分になるための試練というものがあります。そしてそれはおそらく、前進するため、背中を押してくれるものなのです。フリープログラムではこれ以上ない最高を出し、自分の滑りに満足できるよう、自分の心の中を完全に落ち着かせるよう頑張ります。

ここのところ、ニュースでやたらとアリーナと私の関係が取りざたされているのを見かけますが、私たちだって人間なんです! 友達として付き合い、若い女の子なのだからいろんなことを互いに話し合うことができる。でもひとたびリンクに出れば、私たちは戦わねばなりません。試合は毎回毎回が小さな戦争のようなものなのです。でもそれがスポーツなんです。私たちはそれぞれ、最高の自分を見せねばなりません。」

関連ニュース

メドベージェワ、五輪SPで世界新記録

ザギトワ、メドベージェワを超える世界最高得点

話題のスポーツニュース&関連ニュースはぜひ、「スプートニク日本」のオリンピック特集ページでご覧ください

タグ
スポーツ, 五輪, フィギュアスケート, アリーナ・ザギトワ, エフゲニヤ・メドベージェワ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント