23:24 2018年05月25日
東京+ 21°C
モスクワ+ 18°C
    ザギトワ選手から太らないためのとっても簡単なアドバイス

    ザギトワ選手から太らないためのとっても簡単なアドバイス

    © Sputnik / Vitaliy Belousov
    スポーツ
    短縮 URL
    0 130

    平昌冬季五輪フィギュアスケート女子で金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザギトワ選手は、ミラノで行われているフィギュアスケート世界選手権で理想の演技ができずSP(ショート・プログラム)2位発進となった。ザギトワ選手がその理由と、体の細さの「秘密」について語った。

    スプートニク日本

    世界選手権SPでのザギトワ選手の得点は79.51点だった。首位に立ったイタリアのカロリーナ・コストナー選手は80.27点。この後、FS(フリー・スケーティング)が行われて最終結果が決まる。

    ザギトワ選手は「演技にはあまり満足していません。試合では、かたさを感じていました。もしかしたら気をもみすぎたのかもしれません。オリンピックの後、元に戻すのがとっても難しくて、練習に入るが大変でした。FSに向けて私には戦意があらわれます。いつものようにミスのない滑りがしたいです!」と語った。Sportboxが報じた。

    またザギトワ選手は最近身長が伸びたか?との質問を受け、身長が伸びたことを認め、これに伴いいくつかの困難があることを明かした。

    ザギトワ選手は「身長は伸びました。これに関連する困難があります。他の選手たちに劣らないために、コーチと一緒にテクニックを少し変えることを考えています。これが助けになっています。思春期は太るというのは作り話だと思います。ただ口を閉じて、食べなければいいんです!あるいは、ちょっとしか食べないこと。私は食べているけど、少量です」と話した。

    なお2017年9月、ソチオリンピックのフィギュアスケートで金メダルを獲得したユリア・リプニツカヤ選手は、拒食症などの健康上の問題が原因でキャリアを完全に実現することができなかったと発表した。

    タグ
    アリーナ・ザギトワ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント