18:18 2018年08月14日
サッカーW杯の預言者に白猫アキレスが選ばれる

サッカーW杯の預言者に白猫アキレスが選ばれる【写真】

© Sputnik / Alexander Galperin
スポーツ
短縮 URL
0 50

ロシアの北の都サンクトペテルブルクにあるエルミタージュ美術館の「職員」である猫のアキレスが、2018年サッカーW杯ロシア大会の預言者となった。アキレスにはファン用パスポートが渡される。しかるべき書類には署名がなされている。

スプートニク日本

エルミタージュで暮らすすべての猫たちの中から最もストレスに強く、人間に慣れているアキレスが選ばれた。アキレスは白猫で、生まれた時から冬宮殿(エルミタージュ美術館本館)で暮らしている。またアキレスは生まれつき耳が聞こえない。そのため直感が優れ、好奇心が旺盛なのかもしれない。

エルミタージュの猫たちの歴史はピョートル大帝がオランダから連れてきた1匹の猫を冬宮殿で飼い始めた18世紀初頭から始まる。エルミタージュ美術館の基礎をつくったエカテリーナ2世は、猫に絵画警備員の地位を与えた。美術館では珍しい「職員」たちの世話をする特別部門が組織された。全部でおよそ50匹の猫が美術館をネズミから守っている。

サッカーW杯ロシア大会は2018年6月14日から7月15日までロシアの11都市(モスクワ、サンクトペテルブルク、サマーラ、ニジニ・ノブゴロド、カザン、ソチ、ロストフ・ナ・ドヌー、サランスク、ヴォルゴグラード、カリーニングラード、エカテリンブルク)12会場で行われる。

  • 猫アキレス
    猫アキレス
    © 写真 : Press service of The State Hermitage Museum
  • 猫アキレス
    猫アキレス
    © Sputnik / Alexander Galperin
  • 猫アキレス
    猫アキレス
    © Sputnik / Alexander Galperin
  • 猫アキレス
    猫アキレス
    © 写真 : Press service of The State Hermitage Museum
1 / 4
© 写真 : Press service of The State Hermitage Museum
猫アキレス

関連ニュース

レニングラード包囲戦で猫たちの成した功績とは? 市中に多くの猫記念碑があるのはなぜ?

 

タグ
ネコ, スポーツ, サッカー, 動物, 2018年のロシアW杯
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント