21:38 2018年08月18日
東京五輪

ロシア、東京五輪の重量挙げ出場枠はわずか2つに ドーピング違反で

© AFP 2018 / Kazuhiro Nogi
スポーツ
短縮 URL
0 38

国際重量挙げ連盟(IWF)は東京五輪でロシア、カザフスタン、アゼルバイジャン、アルメニア、ベラルーシにそれぞれ2つの出場枠のみを許可する。新規則によると、2008年〜2020年までに20件以上のドーピング違反があった国は全て、東京五輪で男女1人ずつの出場枠しか与えられない。ロイターが報じた。

スプートニク日本

同期間に10〜19件のドーピングが確認された国の出場枠は男女2人ずつに制限される。ブルガリア、イラン、そしてコモンウェルスゲームズの重量挙げで金メダルを5個獲得したインドなど、少なくとも9カ国がこのカテゴリーに含まれる。

IWFは、2020年4月に東京五輪の出場資格獲得時期が終わるまでにさらにドーピング違反があった場合、五輪の参加禁止など更なる罰則や、罰を受ける国が増える可能性があると指摘した。

関連ニュース・記事

タグ
スポーツ, 五輪, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント