13:30 2018年12月14日
18歳のメドベージェワ選手

18歳のメドベージェワ選手、子供時代の終わりや友人のいない生活について語る

© Sputnik / Владимир Песня
スポーツ
短縮 URL
1110

フィギュアスケートのエフゲニア・メドベージェワ選手は、自分の子供時代は12歳で終わったと語った。雑誌ELLEが伝えた。

スプートニク日本

メドベージェワ選手は「私の子供時代は12歳で終わりました。スポーツは早く大人に成長させます。子供時代は人生経験を得て、裏切りなどの障害にぶつかった時に消え去ってしまいます。障害は私たちに教えを与え、大人になるのを助けるんです」と語った。

メドベージェワ選手によると、今も交流のある学生時代の友人は1人もいないという。なぜなら「練習の合間に生活していた」からだ。

メドベージェワ選手は「私は別のカリキュラムで学んでいて、先生たちが合宿をしている私のところに来て、私は各教科の試験を受けました。落第点をとったことは一度もありませんでした。私は『優等生』でした。すべては単純なんです。頭の悪い人や、全く勉強しなかった人たちは、スポーツで高いレベルに達することは決してありません」と語っている。

関連ニュース・記事

タグ
びっくり, 子供, スポーツ, フィギュアスケート, エフゲニヤ・メドベージェワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント