01:05 2018年06月20日
ナイキ

イラン代表監督、代表チームにシューズを提供しなかったことでナイキに謝罪要求

CC0 / Pixabay
スポーツ
短縮 URL
153

サッカー・イラン代表のカルロス・ケイロス監督が、サッカーW杯ロシア大会向けのサッカーシューズをナイキが選手らに提供しなかったことを受け、謝罪するよう同社に対し要求した。ロイター通信が伝えた。

スプートニク日本

ケイロス監督は、「彼らは謝罪しなければならない。なぜなら、若者23人に対する彼らの尊大な振る舞いは全く滑稽で不必要なものだからだ」と述べた。

ナイキでは、イランが米国による制裁下にあるため、自社がナショナルチームに装具を提供することはできないと説明している。ケイロス監督はこの声明を「余計なもの」と呼び、国際サッカー連盟(FIFA)に支援を要請した。

ナイキは、これまで常にイラン代表に装具を確保してきたと指摘されている。

イラン代表には新たなスポンサーを見つける時間が不足しているため、選手らは自らのクラブの同僚らに対し、サッカーシューズを自分たちに貸してくれるよう依頼しなければならなくなった。

サッカーのイラン代表は、グループBでモロッコ(サンクトペテルブルクで6月15日)、スペイン(カザンで同20日)、そしてポルトガル(サランスクで同25日)のチームと対戦する。

トランプ米大統領は5月8日、イランとの核合意から米国が離脱し、以前に科されていた制裁を全て再開すると述べていた。

関連ニュース

サッカーW杯ロシア大会の開催費用が発表

ロシアに人種差別はなく、ぜひロシアW杯へ=ナイジェリア大使

タグ
スポーツ, サッカー, 制裁, 2018年のロシアW杯, イラン, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント