01:13 2018年07月19日
日本対コロンビアの試合がサランスク開戦FIFAワールドカップ 日本対コロンビアの試合日本対コロンビアの試合がサランスク開戦日本対コロンビアの試合がサランスク開戦

FIFAワールドカップ 日本対コロンビアの試合がサランスクで開戦【写真・動画】

© Sputnik / Mikhail Serbin © Sputnik / Maxim Blinov © Sputnik / Maksim Blinov © Sputnik / Mikhail Serbin
1 / 4
スポーツ
短縮 URL
150

日本対コロンビア戦がサランスクの「モルドヴィアアリーナ」でスタート。スタート後6分でコロンビアの選手がペナルティーで退場させられた後、香川真司選手が最初のゴールを決めた。

スプートニク日本

試合スタート3分台でコロンビアのディフェンスのカルロス・サンチェス・モレロがシュートを右腕にうけてレッドカード。

日本はペナルティー・キックのチャンスを活かしゴールを決めた。

サンチェスは退場。レッドカードが出されたのはW杯ロシア大会では初めて。

  • ファン、FIFAワールドカップ 日本対コロンビアの試合
    ファン、FIFAワールドカップ 日本対コロンビアの試合
    © 写真 : Maxim Blinov
  • ファン、FIFAワールドカップ 日本対コロンビアの試合
    ファン、FIFAワールドカップ 日本対コロンビアの試合
    © Sputnik / Maxim Blinov
  • ファン、FIFAワールドカップ 日本対コロンビアの試合
    ファン、FIFAワールドカップ 日本対コロンビアの試合
    © Sputnik / Maxim Blinov
  • ファン、FIFAワールドカップ 日本対コロンビアの試合
    ファン、FIFAワールドカップ 日本対コロンビアの試合
    © Sputnik / Maxim Blinov
1 / 4
© 写真 : Maxim Blinov
ファン、FIFAワールドカップ 日本対コロンビアの試合

サッカーW杯は、今年6月14日から7月15日にかけてロシアで初めて開催される。試合はモスクワ、サンクトペテルブルク、ヴォルゴグラード、エカテリンブルク、カザン、カリーニングラード、ニジニ・ノヴゴロド、ロストフ・ナ・ドヌー、サマーラ、サランスク、ソチの11都市で行われる。

サッカーW杯ロシア大会の最新のニュースは、スプートニク日本の特別プロジェクトでお読みください。

日本代表とはどこで会える?

ベース タタルスタン共和国カザン市のサッカークラブ「ルビン」のベースキャンプ

グループステージの試合

6月19日、サランスクの「モルダヴィア・アリーナ」対コロンビア戦

6月24日、エカテリンブルグの「エカテリンブルグ・アリーナ」、対セネガル戦

6月28日、ボルゴグラードの「ボルゴグラード・アリーナ」、対ポーランド戦

ベースキャンプのチョイスでは日本は地理的な要因よりトレーニングのしやすさを優先させた。そのため、トレーニングセンターと試合の行われる場所とは地理的に隔たりがある。ベースキャンプのあるカザンで試合を行うには、グループHで1位となって、ラウンド16で英国、ベルギーに勝利しなければならない。

タグ
スポーツ, サッカー, 2018年のロシアW杯, コロンビア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント