06:12 2018年11月17日
セリーナ・ウィリアムズ選手

大坂なおみ選手のセリーナ・ウィリアムズ選手に対する勝利にスキャンダルが水を差す【動画】

© REUTERS / Danielle Parhizkaran/USA TODAY SPORTS
スポーツ
短縮 URL
0 612

テニスの全米オープン女子シングルス決勝で、日本の大坂なおみ選手が米国のセリーナ・ウィリアムズ選手と対戦し、6-2、6-4のストレート勝ちを収め、優勝した。

スプートニク日本

だが注目を浴びたのは大阪選手の優勝ではなく、審判に暴言を浴びせたS・ウィリアムズ選手のヒステリーだった。

S・ウィリアムズ選手は第2セットにコーチからの指導、ラケットの破壊、主審への暴言の3度の規則違反でペナルティを科された。

S・ウィリアムズ選手は人種差別で審判を非難し、暴言を吐いた。

なお大坂選手は、S・ウィリアムズ選手に憧れていることに変わりはないという。

大阪選手は、コートに入ったらS・ウィリアムズ選手のファンではなく、ただのテニス選手になるが、試合後にS・ウィリアムズ選手とハグした時には、同選手に憧れていた子供の頃の気持ちになったと語った。

タグ
スキャンダル, スポーツ, テニス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント