21:26 2018年11月19日
カルロス・ラモス氏

セリーナ・ウイリアムズに性差別で非難された主審、現在の状況について語る【動画】

© REUTERS / USA TODAY Sports/Robert Deutsch
スポーツ
短縮 URL
0 41

テニスの全米オープン女子決勝は、セリーナ・ウイリアムズ選手と大坂なおみ選手が対戦し、大坂選手が勝利した。スキャンダルに覆われたこの試合の主審を務めたカルロス・ラモス氏は、大きな話題となったS.ウィリアムズ選手とのバトル後、現在の状況について語った。Portugal’s Tribuna Expressoが伝えた。

スプートニク日本

ラモス氏は「心配には及びません。あんなことはありましたが、私は大丈夫です。

これは非常に繊細な状況ですが、『好みによる』審判は存在しません。心配しないでください」と発表した。

関連ニュース

大坂なおみ選手のセリーナ・ウィリアムズ選手に対する勝利にスキャンダルが水を差す【動画】

審判ら、S・ウィリアムズの試合ボイコットを希望

タグ
スキャンダル, スポーツ, テニス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント