05:42 2018年11月15日
ボロノフ選手(アーカイブ写真)

露ボロノフ「宇野昌磨の後に滑ったことは光栄」 NHK杯フィギュア

© Sputnik / Nina Zotina
スポーツ
短縮 URL
アナスタシア フェドトワ
フィギュアGP第4戦 NHK杯 (13)
230

フィギュアスケートのグランプリ(GP)第4戦NHK杯の男子ショートプログラム(SP)で、セルゲイ・ボロノフ(ロシア)は91.37点をマークして2位になった。NHK杯が開催されている広島を訪れているスプートニク特派員のインタビューでボロノフ選手は、SP後の実感を語り、GP出場は日本の選手と競うためではないと明かした。

スプートニク日本

「男子トーナメントの初日を非常にしっかりと仕上げたと思う。結弦の後、昌磨の後に踊ることは、彼らのホームだからなおさら、難しかった。しかし僕にとって非常に光栄でもあった。僕は今日、最も強いフィギュア選手の1人の後に出て、現時点で僕ができることを見せられたことに単に満足感を得た。感情はやはり、時に質を圧倒すると思う」

「日本には素晴らしい、すでに偉大なフィギュア選手2人のうち1人がいることを良く理解している。自分を良く評価する必要がある。僕は宇野昌磨と戦うためにここに来たのではない。僕は自分自身と戦い、僕が出来ることを証明するために来たのだ。現時点、SPでは正しい一歩を行ったと考えている」

宇野昌磨はSPで転倒に関わらず92.49点をマークした。宇野はSPで首位となった。

1位は宇野昌磨で92.49点。2位はセルゲイ・ボロノフ(ロシア)で91.37点。3位はドミトリー・アリエフ(ロシア)で81.16点を獲得した。

11月9日から11日まで広島でフィギュアスケート・グランプリ第4戦 NHK杯が開催中。スプートニク記者が現場から、最新ニュース、インタビュー、写真、動画を順次お届けします。

​関連ニュース

 

トピック
フィギュアGP第4戦 NHK杯 (13)
タグ
フィギュアスケート, スポーツ, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント