16:36 2018年12月13日
イスラム・マカチェフ選手

ヌルマゴメドフの友人選手、UFCでの試合剥奪

© AP Photo / Juan DeLeon
スポーツ
短縮 URL
0 0 0

米総合格闘技団体「アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ(UFC)」に所属するイスラム・マカチェフ選手(ロシア)が、フランシスコ・トリナウド選手(ブラジル)との試合を取り消された。同試合はアナハイムで来年1月26日、「UFC233」大会で行われる予定だった。この決定の公式の理由については伝えられていない。マカチェフ選手の代わりに、アレクサンダー・ヘルナンデス選手(米国)が出場する。

スプートニク日本

先に、UFCのダナ・ホワイト代表がマカチェフ選手に対し、ハビブ・ヌルマゴメドフ選手とコナー・マクレガー選手による試合の後に起きた乱闘に参加したことを理由に、UFCから除名すると警告していた。

​一方、マカチェフ選手はインスタグラムに、「(自身の出場が予定されていた)この試合に関しては、何が起きたのか自分自身でも理解できなかった。この試合をUFCは自ら指定し、自ら取り消した。いかなる公式文書にも自分は署名していない」と書き込んでいる。

関連ニュース

マクレガーと「世紀の一戦」 ロシアのハビブ・ヌルマゴメドフが勝ち【動画・写真】

ヒョードルVSベイダーのベラトール決勝、日程が明らかに

タグ
スポーツ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント