01:15 2018年12月19日
米国のネイサン・チェン選手(アーカイブ写真)

GP仏大会 男子で米ネイサン・チェンが1位

© Sputnik / Vladimir Pesnya
スポーツ
短縮 URL
フィギュアGPフランス大会2018 (11)
0 20

グランプリシリーズ・仏グルノーブル大会の男子は米国のネイサン・チェン選手が271.58点で優勝した。

スプートニク日本

ロシアのアレクサンドル・サマリン選手は247.09点で3位に入った。2位には米国のジェイソン・ブラウン選手が256.33点ではいった。もうひとり、ロシアから出場したドミトリー・アリエフ選手は237.82点で4位を占めた。

ロシアのアレクサンドル・サマリン選手はフリープログラムの終了後、自分はGPファイナルへの出場を目指してはいなかったと語った。

サマリン選手は記者団の取材に対して次のように語った。「シーズンは開始したばかりであることはわかっています。ただ、この結果は私も、私のチームも目指ししていたものではありませんでした。私にあるのはただ、よりよく滑るという希求だけで、滑り終えたあと、頭を抱えて『ああすればよかった』と思わないことなんです。」

大会の最新のニュース、インタビュー、写真、動画はスプートニクのフィギュアスケート特設コーナーでお読みください。

GPモスクワ大会の主なニュースや、羽生結弦、アリーナ・ザギトワ両選手の見事な演技についてはこちらからお読みいただけます。

GP広島大会・NHK杯の写真、ビデオ、現地ルポはこちらからどうぞ。

ここからはスプートニクのメドベージェワ独占インタビューをご覧いただけます。

トピック
フィギュアGPフランス大会2018 (11)
タグ
スポーツ, フィギュアスケート, フランス, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント