09:57 2018年12月10日
彭程&金楊組(中国)

中国組、SP首位発進 GPファイナルペア

© Sputnik / Александр Вильф
スポーツ
短縮 URL
フィギュアスケートのグランプリファイナル2018バンクーバー大会 (18)
0 0 0

フィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナルのペアショートプログラム(SP)で、彭程&金楊組(中国)が首位に立った。75.69点。

スプートニク日本

ナタリア・ザビアコ&アレクサンドル・エンベルト組(ロシア)は75.18点で2位。エフゲーニヤ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ組(ロシア)は74.04点を獲得して3位につけた。

ペアのフリーは9日午前に行われる。

カナダのバンクーバーで12月6日から9日まで、フィギュアスケートの2018-19グランプリファイナルが開かれている。

男子シングル、女子シングル、ペア、アイスダンスの各4種目に、2018年10月から11月に開かれたグランプリシリーズ6大会の成績上位6名(6組)が参加する。

大会の最新のニュース、インタビュー、写真、動画はスプートニクのフィギュアスケート特設コーナーでお読みください。

GPモスクワ大会の主なニュースや、羽生結弦、アリーナ・ザギトワ両選手の見事な演技についてはこちらからお読みいただけます。

GP広島大会・NHK杯の写真、ビデオ、現地ルポはこちらからどうぞ。

ここからはスプートニクのメドベージェワ独占インタビューをご覧いただけます。

トピック
フィギュアスケートのグランプリファイナル2018バンクーバー大会 (18)
タグ
スポーツ, フィギュアスケート, カナダ, 中国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント