19:44 2018年12月19日
セルゲイ・ボロノフ選手(ロシア)

ボロノフ選手、GPファイナル最下位にコメント【動画】

© Sputnik / Александр Вильф
スポーツ
短縮 URL
フィギュアスケートのグランプリファイナル2018バンクーバー大会 (19)
0 10

フィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナルの男子シングルで最下位の6位に終わったセルゲイ・ボロノフ選手(ロシア)は、ミスを認めた。ロシアメディアが報じる。

スプートニク日本

ファイナル優勝はネイサン・チェン選手(米国)。2位は宇野昌磨選手、3位はチャ・ジュンファン選手(韓国)となった。

ボロノフ選手(31)はロシアスケート連盟のインタビューで「フリーではもちろん、全てが上手くいったわけではない。ミスもあった。なぜか?すぐに言うことは難しい。GPファイナルに安定して出場できていることは素晴らしい。ファイナル出場はすでにかなりの結果だと考えている。(選手)生命が終わりに近づいており、結論を出して前に進まないといけない」と語った。

ボロノフ選手は3つのGPでファイナルに出場した。GPで最も良い結果は2014年の3位だった。

カナダのバンクーバーで12月6日から9日まで、フィギュアスケートの2018-19グランプリファイナルが開かれている。

男子シングル、女子シングル、ペア、アイスダンスの各4種目に、2018年10月から11月に開かれたグランプリシリーズ6大会の成績上位6名(6組)が参加する。

大会の最新のニュース、インタビュー、写真、動画はスプートニクのフィギュアスケート特設コーナーでお読みください。

GPモスクワ大会の主なニュースや、羽生結弦、アリーナ・ザギトワ両選手の見事な演技についてはこちらからお読みいただけます。

GP広島大会・NHK杯の写真、ビデオ、現地ルポはこちらからどうぞ。

ここからはスプートニクのメドベージェワ独占インタビューをご覧いただけます。

トピック
フィギュアスケートのグランプリファイナル2018バンクーバー大会 (19)
タグ
スポーツ, フィギュアスケート, カナダ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント