06:30 2019年01月17日
ザギトワ

ザギトワ、演技直前に怪我していた

© Sputnik / Alexandr Wilf
スポーツ
短縮 URL
フィギュアスケートのグランプリファイナル2018バンクーバー大会 (19)
111

フィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナル女子シングルのフリー直前に、アリーナ・ザギトワ選手(ロシア)はケーブルにつまづき怪我をしていた。ジュニア女子の試合放送中、カナダフィギュアスケート連盟のテッド・バートン氏が明かした。

スプートニク日本

バートン氏によると、コーチングスタッフはザギトワ選手の出場を見送ろうとした。だがザギトワ選手自身が試合続行で譲らなかった。彼女は負傷した脚に氷を当てたあと、フリーに挑んだ。

ザギトワ選手は合計得点で226.53点を獲得し、2位になった。

​GPモスクワ大会の主なニュースや、羽生結弦、アリーナ・ザギトワ両選手の見事な演技についてはこちらからお読みいただけます。

大会の最新のニュース、インタビュー、写真、動画はスプートニクのフィギュアスケート特設コーナーでお読みください。

GP広島大会・NHK杯の写真、ビデオ、現地ルポはこちらからどうぞ。

関連ニュース

GPファイナル閉幕 紀平が優勝、ロシア勢金メダル逃す【写真・動画】

トピック
フィギュアスケートのグランプリファイナル2018バンクーバー大会 (19)
タグ
スポーツ, フィギュアスケート, アリーナ・ザギトワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント