09:21 2019年02月16日
瀬戸大也

日本の瀬戸大也、世界新記録樹立 競泳・世界短水路選手権

© AP Photo / Michael Sohn
スポーツ
短縮 URL
0 0 0

中国・杭州市で開催されている競泳の世界短水路選手権の男子200メートルバタフライで、瀬戸大也選手が世界新記録を樹立して金メダルを獲得した。

スプートニク日本

瀬戸選手は11日、決勝で1分48秒24のタイムを記録し、2013年11月に打ち立てられていた、南アフリカのチャド・ルクロス選手が達成した記録(1分48秒56)を上回った。

そのルクロス選手が1分48秒32(アフリカ新記録)のタイムで銀メダルを獲得、銅メダルを手にしたのは中国の李朱濠選手(1分50秒39)。

一方、ロシアのアレクサンドル・ハルラノフ選手は、決勝では1分50秒67の成績で4位を占めた。

関連ニュース

「戦いは始まったばかり」 著名なフィギュアスケート関係者がGPファイナル2018にコメント

タグ
スポーツ, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント