10:28 2020年08月06日
スポーツ
短縮 URL
0 30
でフォローする

ロシア、女子フィギュア界の神童アレクサンドラ・トゥルソワ(14)とアンナ・シェルバコワ(14)が年明け、ジュニアの枠を出て、初めてシニアのロシア・フィギュア選手権2019に出場する。この2人は四回転を跳ぶテクニックを持つことから、他の選手はいきなり強豪出現となることが予想されている。

スプートニク日本

アレクサンドラ・トゥルソワは14歳で史上初めて四回転トゥループに成功した。フリープログラムで3度も四回転トゥループを跳ぶことができる選手は、現時点で世界でトゥルソワが唯一だ。

シェルバコワ選手は女子シングルでは唯一、プログラムに2度の四回転リッツを入れている。

2人とも、メドベージェワ、ザギトワを育てたことで有名なトゥトゥベリッゼ監督の門下生だ。

ロシア選手権にはロシアの、そして世界のフィギュア界で有名なエフゲニア・メドベージェワ、アリーナ・ザギトワの2大五輪メダリストも出場する。

ロシア・フィギュア選手権は今週木曜の20日から23日にかけてサランスクで開催される。

関連ニュース

フィギュアジュニアGP リトアニアでロシア女子トルソワが世界記録を樹立

ロシア女子フィギュア現象

タグ
スポーツ, フィギュアスケート, アレクサンドラ・トルソワ, アリーナ・ザギトワ, エフゲニア・メドベージェワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント