17:45 2019年01月21日
メドベージェワ

メドベージェワ、新SPを初披露【動画】

© Sputnik / Nina Zotina
スポーツ
短縮 URL
0 10

フィギュアスケート女子のエフゲニア・メドベージェワ選手(ロシア)が、ロシア選手権の開幕前の公式練習で、新たなショートプログラムを披露した。「Sports.ru」が伝えている。

スプートニク日本

メドベージェワ選手は今後、ジャコモ・プッチーニのオペラ『トスカ』の音楽に合わせて演技を行う。

また、ジャンプのうち1回についても変更。3回転ルッツジャンプの代わりに3回転ループジャンプを成功させた。

今回のプログラム案の振り付けを行うことになったのは、かつてウズベキスタン代表として演技していたフィギュアスケート男子のミーシャ・ジー元選手。

ロシア選手権の女子の競技は21日に始まり、この日はショートプログラムが披露される。

​フリープログラムの演技はその翌日に終了する。今大会の結果に基づき、欧州選手権に出場するチームの構成が明らかになる。

ここからはスプートニクのメドベージェワ独占インタビューをご覧いただけます。

関連ニュース

フィギュアスケート・ロシア選手権男子SP:首位はコフトゥン、2位はコリヤダ【動画】

世界選手権へ出場はザギトワか、メドベージェワか? ロシア選手権を目前に予測

タグ
スポーツ, フィギュアスケート, エフゲニヤ・メドベージェワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント