03:03 2019年07月22日
アレクサンドラ・トゥルソワ(14)、アンナ・シェルバコワ(14)、アリョーナ・コストルナヤ(15)

フィギュア ロシア選手権 女子ジュニア 全世界に「いくわよ!」ジャンプを見せつけた タラソワ監督

© Sputnik / Vladimir Pesnya
スポーツ
短縮 URL
0 20

ロシアフィギュアスケート界の大御所でソ連功労監督のタチアナ・タラソワ氏は、先日のロシアフィギュア選手権女子シングルで上位3位を占めたジュニア世代のアンナ・シェルバコワ(14)とアレクサンドラ・トゥルソワ(14)、アリョーナ・コストルナヤ(15)について、この少女らはこれから世界の偉大な頂点を制覇する構えがあるところを見せつけたと述べた。

スプートニク日本

「彼女たちはショートプログラムでは4回転ジャンプは跳ばず、フリープログラムで、『さあ、跳ぶわよ』とばかり4回転ジャンプを全世界に見せつけ、点数を取り戻した」とタラソワ氏は語った。

「大会では大きな悲劇が起こった。ジェーニャ(エフゲニア・メドべージェワの愛称)はショートプログラムで失敗したが、彼女には自分の演技をとても見せて欲しかった。アリーナ(アリーナ・ザギトワ)はショートプログラムでは完璧だったが、フリーで崩れた」とタラソワ氏は述べた。

「ロシア選手らはまわりを気にする必要はないが、しかし、紀平梨花選手だって日本選手権のショートプログラムで失敗し、5位に終ったではないか。そして誰も彼女に石を投げることはなく、彼女に去れとも言わなかった。 そして翌日、彼女は155点という優れた結果を出し、 世界記録を上回った」とタラソワ氏は言葉を結んだ。

関連ニュース

タグ
スポーツ, フィギュアスケート, アレクサンドラ・トゥルソワ, 紀平梨花, アリーナ・ザギトワ, エフゲニヤ・メドベージェワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント