05:42 2019年07月22日
米国反ドーピング機関(USADA)のトラビス・タイガート会長

米国反ドーピング機関、WADAにロシアの資格停止を求める

© AP Photo / Susan Walsh
スポーツ
短縮 URL
0 16

米国反ドーピング機関(USADA)のトラビス・タイガート会長は、世界反ドーピング機関(WADA)に対し、ロシアを再び資格停止にするよう求めた。

スプートニク日本

タイガート会長は「デッドラインが守られなかったのは、驚くことではない。WADAはロシアの言いなりなるのをやめ、再び期限が守られなかったことによるロシアの食い違いを直ちに発表するべき時が訪れた」と述べた。米テレビ局ESPNが報じた。

WADAは2018年9月、ロシア反ドーピング機関(RUSADA)の資格停止処分を解除した。RUSADAは2015年から資格停止処分を受けていた。

WADAの決定により、ロシア側は2018年12月31日までにモスクワにある検査所のデータへのアクセスを専門家に提供しなければならなかった。

WADAの代表団はモスクワに到着したが、データ抽出に使用される機器の問題により、期限内に任務を完了することができなかった。

関連ニュース

ロシア反ドーピング機関は2016年より格段に良く組織=WADA会長

WADAに情報提供したロドチェンコフ氏、ワシントンで自殺を図る=消息筋

タグ
事故, WADA, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント