00:34 2019年07月20日
ザギトワ、贈呈された秋田犬が勝利を阻んでいるかとの質問に回答

ザギトワ、贈呈された秋田犬が勝利を阻んでいるかとの質問に回答

© AP Photo / Alexander Zemlianichenko, Pool
スポーツ
短縮 URL
アントン シチコフ
2019年欧州フィギュアスケート選手権 (25)
2187

フィギュアスケートの欧州選手権女子シングルで2位に終わったアリーナ・ザギトワ選手が記者会見で、自らが飼っている秋田犬のマサルについて、緊張を取り除きリラックスするうえで自らを助けていると述べた。ザギトワ選手とマサルは間もなく、ともに日本に向けて出発する。

スプートニク日本

共同通信の特派員は、銀メダルを獲得したザギトワ選手に対し、以前のような頂点を極めるうえでマサルが妨げになっていないかと質問したほか、マサルに関し「日本人として」謝罪する用意があると付け加えた。

これに対しザギトワ選手は、「私にとっての一番のライバルは私自身です。マサルのことをいうと、本当に大好きです。マサルが私の邪魔になるなんて、どこからそんな質問が浮かんでこられたのか、私にはわかりません。反対にマサルは心理的に、精神的に私の負担を軽くしてくれています。それにもうすぐマサルと私、日本に行くんです」と答えた。

フィギュアスケートの欧州選手権女子シングルで、ロシアのソフィア・サモドゥロワ選手が、ショートプログラムとフリープログラムの合計で213.84点を獲得し、優勝した。アリーナ・ザギトワ選手は、198.34点で2位だった。3位はフィンランドのヴィヴェカ・リンドフォース選手(同194.40点)だった。

アリーナ・ザギトワ、ソフィア・サモドゥロワ、ヴィヴェカ・リンドフォース
© Sputnik / Vladimir Pesnya
アリーナ・ザギトワ、ソフィア・サモドゥロワ、ヴィヴェカ・リンドフォース
トピック
2019年欧州フィギュアスケート選手権 (25)
タグ
フィギュアスケート, 動物, アリーナ・ザギトワ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント