20:36 2019年11月15日
大坂なおみ選手、全豪テニスを優勝

大坂なおみ選手に賞金20%を要求 元コーチが提訴=マスコミ

© AP Photo / Aaron Favila
スポーツ
短縮 URL
0 25
でフォローする

女子テニス世界ランキング1位の大坂なおみ選手を相手取り、ジュニア時代のコーチ、クリストフ・ジーン氏が訴訟を起こした。サイトTMZが伝えた。

スプートニク日本

消息筋によると、ジーン氏は2011年に大坂選手の父親からコーチとして雇われた。ジーン氏によると、大坂選手の父親と、大坂選手が将来獲得する賞金の20%を無期限で受け取る契約を結んだ。ジーン氏は現在、大坂選手がこれまでに獲得した賞金の20%の支払いを求めている。

報道によると、ジーン氏は、当時、大坂選手の父親はコーチ料を支払うことができなかったため、将来獲得する賞金の20%を受け取る契約を結んだと主張している。

またジーン氏は、契約書のコピーがあると語っている。

女性テニス協会(WTA)の公式サイトによると、大坂選手の生涯獲得賞金は1080万ドル以上。

大坂選手は、4大国際大会の全米オープン(2018年)と全豪オープン(2019年)で優勝。女子テニス世界ランクで初めて1位になった日本人。

関連ニュース

大坂なおみ選手 新監督との契約を公表

タグ
テニス, スポーツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント