03:51 2019年06月26日

プロアイスホッケーリーグ「KHL」に日本のクラブが参入するかもしれない

© Sputnik / Vladimir Fedorenko
スポーツ
短縮 URL
0 10

プロアイスホッケーリーグ「コンチネンタル・ホッケー・リーグ(KHL)」の加入クラブが増え、2020-2021シーズンに極東ディビジョンと西部ディビジョンが誕生する可能性がある。KHLのドミトリー・チェルニシェンコ会長が発表した。

スプートニク日本

チェルニシェンコ会長は「韓国のクラブがあったらいいが、中国のクラブとは異なり、彼らからのイニシアチブはない。中国のアイスホッケークラブ『クンルン』との一時的な困難にもかかわらず、KHLには中国からのKHLレベルの2つ目のクラブが参入するかもしれない。日本もKHLに関心を表している。新アリーナがオープンするウズベキスタンも忘れてはならない。KHLのクラブが増えるかもしれない。いずれにせよ来シーズンからスプリーム・ホッケー・リーグ(KHLに次ぐレベルのプロアイスホッケーリーグ)のクラブが増える」と指摘した。

また会長は「西側ではフランスとドイツのクラブとの交渉が行われている」と語った。

関連ニュース

ホッケーNHLで大人気のロシア人選手 ユニフォーム売り上げ大盛況

生涯ウォッカ・リザーブの代わりに移籍しないで! 米で活躍のロシア人ホッケー選手に提案

タグ
アイスホッケー, 日本, スポーツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント