14:58 2019年06月17日
ニキータ・クチェロフ選手

ロシア選手が昨季NHL得点王に

© Sputnik / Alexey Kudenko
スポーツ
短縮 URL
0 20

ナショナルホッケーリーグ(NHL)のアイスホッケーチーム「タンパベイ・ライトニング」のフォワード、ニキータ・クチェロフ選手は、4月6日に終了した昨季の得点王に贈られるアート・ロス記念賞を受賞した。

スプートニク日本

クチェロフ選手は82試合で128点を稼いだ。うち41ポイントは自らゴールを決め、87点は点数につながるアシストに成功した。アート・ロス記念賞を受賞したロシア出身の選手はこれで3人目。これまでの受賞選手はアレキサンダー・オベチキン選手(2007〜08年)とエフゲニー・マルキン選手(2008〜09年、11〜12年)。ロシアスポーツメディア「Sports.ru」が報じた。

クチェロフ選手はさらに、ロシア出身の選手で1シーズン中の最多ポイント数でも記録を更新した。これまでの記録はアレクサンドル・モギルヌィ選手(バッファロー・セイバーズ )が1992〜93年のシーズンに稼いだ127点だった。

​レギュラーシーズン最多ゴール賞であるモーリス・ロケット・リシャール賞はアレキサンダー・オベチキン選手(ワシントン・キャピタルズ)が受賞した。51度のゴールを決めて、キャリア8度目の受賞となった。

関連ニュース

トランプ大統領 自分と娘のイヴァンカ氏をロシアのホッケー選手のファンと強調

タグ
アイスホッケー, スポーツ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント