19:46 2019年07月20日

今秋、東京でラグビーW杯 上月駐露大使、開幕戦の対戦相手、ロシア代表らを招待

© Sputnik / Eugeny Odinokov
スポーツ
短縮 URL
0 20

日本で今秋開催のラグビーワールドカップ2019日本大会の前に、24日、上月豊久駐露日本大使はロシア代表チームをモスクワの大使館公邸に招き入れた。ラグビーワールドカップは9月20日東京でスタートし、開幕試合では日本とロシアが対戦する。

スプートニク日本

大使館公邸に招かれたのはロシア・ラグビー連盟、最高会議のイーゴリ・アルテミエフ議長、連盟の名誉会長のヴャチェスラフ・コリエフ氏、ロシアオリンピック委員会のアレクサンドル・ジュコフ名誉会長ほか、ロシア代表団の選手、監督。

上月大使は流ちょうなロシア語で、「日本は受け入れ側としてゲストがラグビーを存分にプレーできるよう、あらゆる条件を整えます」と約束し、また「ロシアと日本が対戦する9月20日の開幕戦では、どちらを応援すべきか判断に苦しみますが、試合は皆の記憶に残る素晴らしいものになるはずです。試合の終了後は、こんどはもうどちらを応援するか、選択には迷いません」とユーモアたっぷりに歓談した。

これに対してアルテミエフ議長も「観客も大満足の妥協なしの試合が待ちうけています。トーナメントは絶対にハイレベルで実施され、歴史に残る美しいワールドカップになるはずです」と期待に胸を弾ませた。

関連ニュース

タグ
露日関係, 日本, スポーツ, ラグビー
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント