19:15 2019年08月23日
スポーツ仲裁裁判所 メッシ選手に助言 南米サッカー連盟に謝罪を

スポーツ仲裁裁判所 メッシ選手に助言 南米サッカー連盟に謝罪を

© Sputnik / Alexandr Vilf
スポーツ
短縮 URL
0 01

アルゼンチンのスポーツ仲裁裁判所は、サッカーのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ選手に対し、南米サッカー協会に対する汚職発言に関して、謝罪するように助言した。AP通信が報じた。

メッシ選手は、コパ・アメリカ2019の準決勝でのブラジルチームに対するレフリーのジャッジについて批判した。チリ代表との3位決定戦でメッシ選手は、相手DFガリー・メデル選手とのもみ合いでレッドカードを出され退場となった。試合後、メッシ選手はメダル授賞式への参加を拒否し、「我われはこの汚職の一部になる必要はない」と述べていた。

アルゼンチンスポーツ仲裁裁判所の一員であるグスタボ・アブル氏は、「私はメッシ選手に対し謝罪すること助言した。それは、南米サッカー協会が彼に対し制裁を準備しているためだ。機関が彼に対し厳しい処罰を下さないためにも、メッシ選手は謝罪する必要がある」と語った。

メッシ選手は、南米サッカー協会主催の試合に2年間出場停止となるおそれがある。その場合、2022年のワールドカップ予選とコパ・アメリカ2020に出場できない。

関連ニュース

タグ
サッカー
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント