01:48 2019年12月13日

3人のロシア柔道選手 日本開催の世界選手権で好スタート

© Sputnik / Konstantin Chalabov
スポーツ
短縮 URL
0 10
でフォローする

東京で開催中の2019柔道世界選手権でロシアのアナスタシア・コンキナ選手とダリヤ・メジェツゥカヤ選手、ムサ・モグシコフン選手らが初戦を勝利で飾った。

コンキナ選手とメジェツゥカヤ選手は27日、女子57キロ級の試合でタイ代表ユリコ・ヴァラシー選手とモンゴル代表エンク・オトゴン・ロソル選手とそれぞれ対戦し、早々に勝利した。

男子73キロ級のモグシコフン選手はスリランカ代表チャマル・レピアリヤリ選手と対戦し試合序盤で勝利を手にした。

男子73キロ級のデニス・ヤルツェフ選手は第2戦から出場し、メダルをかけて闘う。

世界選手権は8月25日から9月1日の日程で開催される。

タグ
柔道, スポーツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント