21:03 2020年08月13日
スポーツ
短縮 URL
0 10
でフォローする

東京、武道館での2019 世界柔道選手権、男子73キロ級でロシアのデニス・イアルチェフが銅メダルを獲得した。

イアルチェフは準決勝でタジキスタンの代表に勝って、銅メダルにこぎつけた。

男子73キロ級では日本の大野祥平が金、アゼルバイジャンのルスタム・オルジョフが銀をそれぞれ獲得。2個の銅メダルはロシアのイアルチェフとアゼルバイジャンのヒダヤト・ゲイダロフが分け合った。

ロシアのコンキナ、メジェツゥカヤ選、モグシコフンの3選手が勝利を狙った戦いを開始している。

世界選手権は8月25日から9月1日の日程で開催される。

タグ
日本, 柔道, ロシア, スポーツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント