02:49 2019年10月21日
ロシア対日本戦

我われはミスを犯し、日本はそこをついてきた-ラグビーロシア代表キャプテン

© REUTERS / Issei Kato
スポーツ
短縮 URL
筆者 :
0 50
でフォローする

スプートニク日本の特派員は、東京で行われたラグビーワールドカップのロシア対日本の開幕戦後の記者会見に参加した。対戦は日本代表「ブレイブブロッサムズ」が制した。ロシアの監督とキャプテンは次のようにコメントしている。

東京で行われたラグビーワールドカップのロシア対日本の開幕戦後にロシアチームの記者会見が行われた。ラグビー・ロシア代表のワシリー・アルテミエフ主将は、「ロシアが出場した2011年のW杯と今回のW杯に違いは感じられるか?ロシアが日本との試合に負けた原因となったミスはどのようなものだったのか?」という質問に答えた。

「もちろん違いはある。8年前、我われはまったく違う条件の中で戦ったが、今回、開催国の日本との対戦となり、これは二重のプレッシャーだった。しかし、私は自分たちのチームに誇りを感じている。チームは価値あるプレーを見せることができたし、こんな難しい条件の中でできるすべてのことをやったと思う。私たちには多くのペナルティーがあったが、これは受け入れがたい。それは単にたくさんのミスだった。残念ながら、我われは後半に、前半のようないい守備を続けることができなかった。日本は素晴らしいチームで、もちろん、こうしたミスをついてきた。」

リン・ジョーンズ監督は、試合の感想について語った。「日本の攻撃は本当に早かった。日本チームはこの点が強みだ。スピードに対応するのは簡単ではなかった。」

2018年11月にラグビーのロシア代表は日本代表とのテストマッチを英国のグロスターで行い、敗れている。その際、日本代表は32:27のスコアーで勝利したが、ロシア代表は73分間に渡りゲームをリードしていた。

タグ
ロシア, ラグビー, 東京, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント