17:30 2019年10月16日
日本代表【アーカイブ】

ワールドラグビー 日本戦でのアイルランド代表に対する誤審を認める

© REUTERS / Issei Kato
スポーツ
短縮 URL
ラグビーワールドカップ2019 (14)
0 46
でフォローする

アイルランド代表のジョー・シュミット監督は、 アイルランドが負けた 9月28日の対日本戦について、 ワールドラグビーから アンガス・ガードナー主審がアイルランド代表に対して3度の誤審を行ったとの報告をうけた。アイルランド放送協会が報じた。

シュミット監督は日本代表に敬意を示しながらも、 アイルランド代表の中では今もその誤審に不満がくすぶっている事 実を明らかにしている。

​また、10月3日のロシア戦には、日本戦で2回誤審したアシスタントレフェリーが主審を務めるという。

シュミット監督は日本戦を以下のように振り返っている。

「日本戦では最初の20分間はアイルランドが試合をリードしていた。その後消極的なプレーになり、オフサイドを取られたことでさらに出遅れてしまった。3日のロシア戦では判定を取られることのないように最善をつくして臨まねばならない。」

一方、アイルランド代表のシュミット監督は、劣勢から態勢を立て直した日本の努力を称賛した。

関連記事

トピック
ラグビーワールドカップ2019 (14)
タグ
スポーツ, アイルランド, 日本, ラグビー
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント