20:27 2019年10月23日

「心から日本を愛した」 エメリヤーエンコ氏、できれば日本で引退試合をしたいと語る

© Screenshot: RIZIN FIGHTING FEDERATION
スポーツ
短縮 URL
0 90
でフォローする

ロシアの総合格闘家エメリヤーエンコ・ヒョードルは12月29日、さいたまスーパーアリーナで米国のクイントン・ジャクソンと対戦する。

ヒョードルは9日に「Rizin(ライジン)」のユーチューブチャンネルで中継された記者会見で、年末に予定されている試合への思いを語った。

「19年前に初めて日本で試合を行い、心から日本を愛した。ここに戻ってきた今、私は日本をとても懐かしく思っていることを理解している。ここを覆っていた試合の雰囲気が懐かしい。同じのアリーナで長年試合に出場してきた友人たちが懐かしい。

クイントンと私は、この戦いに向けてしっかりと準備し、美しい戦いを見せるために全力を尽くす。美しくて印象的なイベントして日本のファンや世界中のファンたちの記憶に残るように。」

ヒョードルは引退についても語った。

「引退についても考えている。もちろん体調はいいが、自分の年齢はわかっている。だからもう引退する時期だ。我々はスコット(総合格闘技団体ベラトールの社長)と話し、私の引退ツアーを行う必要があると判断した。だがすべては時間の経過とともにわかるだろう。私は日本で格闘家として成り立ったため、私の最後の戦いの1つが日本で行われ、日本のファンたちが来て、私を応援してくれることを望む。」

ヒョードルは日本で総合格闘家としてのキャリアを積み始め、日本で多くの勝利を上げ、世界的な名声を獲得した。ヒョードルの戦績は20勝6敗。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント