11:07 2020年08月06日
スポーツ
短縮 URL
0 00
でフォローする

ロシアの総合格闘家ハビブ・ヌルマゴメドフ選手はあと2回あるいは3回の試合を闘い、総合格闘技から引退するという。ヌルマゴメドフ選手の父でありコーチを務めるアブドゥルマナプ・ヌルマゴメドフさんがYouTubeチャンネル「Fight Nights Global」で明らかにした。

アブドゥルマナプさんによると、ヌルマゴメドフ選手の次の対戦相手はトニー・ファーガソン選手。二人の対戦はUFC史上最高の試合になるだろうと語った。

世紀の対戦は2020年3月から4月に行われる予定であり、ヌルマゴメドフ選手は試合の場所をロシアにしたいと望んでいるという。

以前の報道では、ヌルマゴメドフ対ファーガソン戦は2020年春にニューヨークで行われる可能性があると伝えられていた。


これまでの総合格闘技戦績は、31歳のヌルマゴメドフ選手は28勝1敗、一方35歳のファーガソン選手は25勝3敗。

関連記事

タグ
格闘技, ハビブ・ヌルマゴメドフ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント