01:54 2019年12月12日
井上尚弥

WBSSバンタム級決勝 井上尚弥優勝 モンスターが頂点【動画・写真】

© AP Photo / Toru Takahashi
スポーツ
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

7日、さいたまスーパーアリーナで開催されたワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝で、日本の井上尚弥選手(26=大橋)がフィリピンのノニト・ドネア選手を判定(3-0)で下し、真の階級最強王者の称号を奪取した。

2ラウンドにドネア選手のパンチで右目上をカットし出血、8ラウンドにも再度出血し危ない場面もあったが、破壊力抜群の右ストレートと左ボディを武器に、11ラウンドには得意の左ボディでダウンを奪い、最終12ラウンドには猛ラッシュをかけドネア選手を追い詰めた。結果、3-0の大差で判定勝利を飾った。

​スーパーシリーズでは、これまで初戦の準々決勝を1ラウンドKO、準決勝では2ラウンドTKOと、圧倒的な強さを示したきた。決勝の対戦相手となったノニト・ドネア選手は、井上選手がプロを目指していた時からの憧れのボクサーで、直接指導を受けたこともあった。かつてはドネア選手の試合を目に焼きつけ、その技術を自分に取り入れようとしていたという。ドネア選手も井上選手を、この階級最強の恐るべき選手と評価、「モンスター」と称されるまでに成長した井上選手との対戦を楽しみにしていた。プロ45戦40勝(26KO)の大ベテランとの激闘を制し、アリーナに集まったファンたちを歓喜にわかせた。

​-

​3階級王者のWBA・IBC世界バンタム級王者の井上尚弥選手は、史上4人目となる階級最強の証であるアリ・トロフィーをリングで高々と掲げた。今後はスーパーバンタム級やフェザー級とさらに階級制覇を目標にすえ、米国初となるアジア発のスター選手としての活躍をめざす。

関連ニュース

タグ
写真, 動画, 日本, スポーツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント