09:33 2019年12月12日
ファーガソン選手

総合格闘技 ファーガソン、ヌルマゴメドフに「血の小便をさせる」と約束

© AFP 2019 / Harry How / Getty Images
スポーツ
短縮 URL
0 10
でフォローする

米国の総合格闘家、トニー・ファーガソン選手(35)は、 米国のスポーツ専門チャンネルESPNの総合格闘技番組「Ariel Helwani’s MMA Show」で、来年4月に予定されているロシアのハビブ・ヌルマゴメドフ選手(31)との総合格闘技(UFC)ライト級タイトルマッチについてコメントした。

ファーガソン選手はインタビューで、自分には有利な点があるとの確信を示し「あいつは俺のことをずっと考えている。あいつは俺のことを気にしており、熱心にトレーニングに励んでいる。あいつは非常に神経質になり、ミスを犯すだろう。そこで俺はあいつを捕まえる!あいつに血の小便をさせる」と述べた。

11月26日、米ブルックリンで2020年4月18日にUFCライト級王者のヌルマゴメドフ選手とファーガソン選手が対戦することがわかった。

ヌルマゴメドフ選手にとっては3度目のUFCライト級世界王座防衛戦となる。

ファーガソン選手とヌルマゴメドフ選手は、UFCライト級現役選手の連勝数でトップに立っている(12勝)。また階級を考慮しないランキングでは、ヌルマゴメドフ選手がライトヘビー級王者の米国のジョン・ジョーンズ選手に次いで2位となっている。

ファーガソン選手とヌルマゴメドフ選手の対戦はこれまでに4回流れている。2018年4月にはファーガソン選手の負傷でヌルマゴメドフ選手とのタイトルマッチが消滅、ヌルマゴメドフ選手は米国のアル・アイアキンタ選手と対戦し、勝利した。

関連ニュース

タグ
格闘技
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント