21:33 2020年04月04日
スポーツ
短縮 URL
0 20
でフォローする

ワールドアスレティックス(世界陸連)は、ナイキ社の新たなランニングシューズを大会で使用することを禁止する方針。

報道によると、シューズの底は発泡体や炭素繊維でできており、早く走れるバネの作用を生み出す。

特定のモデルだけでなく、そのハイブリッドも禁止対象になるという。

また、短距離ランナー向けの新たなシューズも禁止される可能性がある。

ワールドアスレティックスは、これらのシューズでウサイン・ボルト選手の100 メートル走世界記録が破られるのではないかと危惧している。

2019年10月、ナイキのシューズ「Vaporfly ZoomX」を履いたケニアのブリジット・コスゲイ選手が、女子マラソン世界記録を16年ぶりに更新している。

© AP Photo / Paul Beaty
ブリジット・コスゲイ選手
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント