20:58 2020年07月05日
スポーツ
短縮 URL
0 40
でフォローする

柔道グランドスラム、パリ大会では男子100キロ超級で仏のテディ・リネール(30)が日本の影浦心(24)に3回戦で負けを期した。

2010年9月以来154戦を連勝で通してきたリネールの記録に、それよりもはるかに小さな体格の影浦が終止符を打った。リネールがシニアの戦歴で負けを期したことは、2008年の北京五輪の準決勝、2010年の世界選手権無差別級の決勝戦と今回を含めて3度しかない。

  • 仏のテディ・リネール(30)と日本の影浦心(24)
    仏のテディ・リネール(30)と日本の影浦心(24)
    © AFP 2020 / Lucas Barioulet
  • 仏のテディ・リネール(30)と日本の影浦心(24)
    仏のテディ・リネール(30)と日本の影浦心(24)
    © AFP 2020 / Lucas Barioulet
  • 影浦心
    影浦心
    © AFP 2020 / Lucas Barioulet
1 / 3
© AFP 2020 / Lucas Barioulet
仏のテディ・リネール(30)と日本の影浦心(24)

リネールは2012年、2016年と五輪2冠、世界選手権11冠、欧州選手権5冠の記録を持っている。

 

タグ
日本, フランス, 柔道, スポーツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント