06:40 2020年02月19日
スポーツ
短縮 URL
筆者 :
0 60
でフォローする

2月9日、東京の墨田区総合体育館で、2020プーチン大統領杯第46回全日本サンボ選手権大会およびユース大会が開催され、ここ数年で最多の約100人の選手が参加した。今年は、スポーツサンボ以外に、男子コンバットサンボというカテゴリも追加された。大会を現地観戦したスプートニク特派員がお伝えする。

サンボは柔道から生まれたロシア発の総合格闘技 なぜロシアだったのか?

サンボが生まれたのは1920年~30年代のソ連だった。サンボは、日本においても世界においても人気スポーツになり、1947年には国際的な格闘技として認知された。サンボ誕生から約100年が経った今も、サンボと柔道を縁にした日露の結びつきは途絶えていない。サンボと柔道の達人であるロシアのプーチン大統領と、柔道金メダリストで、JOC会長でもある山下泰裕氏との特別な友情が、この結びつきを一層強めてくれている。

大会会場を訪れたミハイル・ガルージン駐日ロシア大使は、「サンボの源流は、とても近しい日露の関係、互いの豊かな文化とスポーツの伝統の中にあります。サンボは、ロシアの威力と、日本の柔道の洗練された技が一つになったものだと思います。そこにサンボの本質があるのだと思いますし、この意味でサンボと柔道は兄弟関係にあるスポーツだと言えます」と話している。ガルージン大使は、在日本ロシア大使館と日本サンボ連盟は、日本人にとってサンボがもっとポピュラーなスポーツになるように、絶え間なく協力していく考えを示した。

プーチン露大統領杯全日本サンボ選手権
© Sputnik / Denis Korzhov
プーチン露大統領杯全日本サンボ選手権

柔道家がサンボをやるとどうなる?

大会実行委員長で、日本サンボ連盟の浅井信幸副会長がスプートニクの取材に応じ、サンボがどのように柔道家の役に立ってきたのか、実例を教えてくれた。

浅井氏「東京五輪代表候補の浜田尚里選手は、2013年にロシアのカザンで行われたユニバーシアード・サンボ競技で優勝し、翌年に成田市で開催された世界サンボ選手権でも優勝しました。その後、柔道の世界チャンピオンになっています。そのようにサンボをやると、自分の柔道競技にもプラスになる、ということで、柔道選手が(サンボの大会に)だいぶ出てきました。」

今では柔道のルールが厳しくなり、サンボのような技をかけるとすぐに反則を取られるが、モスクワ五輪があった1980年当時は、柔道選手もレスリング選手も皆、サンボのルールで戦っていた。特にソ連の選手と対峙すると、組み方や関節技が全く日本の技と違っていた。

浅井氏「無差別級の柔道全日本チャンピオンである岡野功さんが、ロシアのボリス・ミシェンコさんと柔道の試合をしたことがありました。すると、立ち技から寝技に引き込んで、くるくるっと関節技をとられて…ミシェンコさんが勝ったんですよ。これで、日本もサンボを研究しないといけない、とわかったのです。サンボの技ができなくても、どういう技がサンボにあるかということがわかれば、防御ができます。ですから、柔道選手にとってサンボは今でも重要だと思います。」

  • 2020プーチン大統領杯第46回全日本サンボ選手権大会
    2020プーチン大統領杯第46回全日本サンボ選手権大会
    © Sputnik / Denis Korzhov
  • 2020プーチン大統領杯第46回全日本サンボ選手権大会
    2020プーチン大統領杯第46回全日本サンボ選手権大会
    © Sputnik / Denis Korzhov
  • 2020プーチン大統領杯第46回全日本サンボ選手権大会
    2020プーチン大統領杯第46回全日本サンボ選手権大会
    © Sputnik / Denis Korzhov
  • 2020プーチン大統領杯第46回全日本サンボ選手権大会
    2020プーチン大統領杯第46回全日本サンボ選手権大会
    © Sputnik / Denis Korzhov
  • 2020プーチン大統領杯第46回全日本サンボ選手権大会
    2020プーチン大統領杯第46回全日本サンボ選手権大会
    © Sputnik / Denis Korzhov
  • 2020プーチン大統領杯第46回全日本サンボ選手権大会
    2020プーチン大統領杯第46回全日本サンボ選手権大会
    © Sputnik / Denis Korzhov
  • 2020プーチン大統領杯第46回全日本サンボ選手権大会
    2020プーチン大統領杯第46回全日本サンボ選手権大会
    © Sputnik / Denis Korzov
  • 2020プーチン大統領杯第46回全日本サンボ選手権大会
    2020プーチン大統領杯第46回全日本サンボ選手権大会
    © Sputnik / Denis Korzhov
  • 2020プーチン大統領杯第46回全日本サンボ選手権大会
    2020プーチン大統領杯第46回全日本サンボ選手権大会
    © Sputnik / Denis Korzhov
  • 2020プーチン大統領杯第46回全日本サンボ選手権大会
    2020プーチン大統領杯第46回全日本サンボ選手権大会
    © Sputnik / Denis Korzhov
  • 2020プーチン大統領杯第46回全日本サンボ選手権大会
    2020プーチン大統領杯第46回全日本サンボ選手権大会
    © Sputnik / Denis Korzhov
1 / 11
© Sputnik / Denis Korzhov
2020プーチン大統領杯第46回全日本サンボ選手権大会

サンボは五輪種目になれるのか?

2018年11月、国際オリンピック委員会(IOC)は国際サンボ連盟を3年間の期限付きで暫定承認した。このことは、将来、サンボが五輪種目になれる可能性があり、かつIOCから資金援助を受けられる可能性があることを意味する。浅井氏は、前向きに考えているが、そのためにはサンボと柔道の違いを理解してもらうことが重要だと考えている。

浅井氏「この3年の間にサンボがますます国際的に普及発展していけば、正式にIOCに加盟できるのではないかと思います。五輪種目になるためには、それから更に努力が必要です。五輪では似たような種目は採用されませんから、サンボが柔道といかに違うか、ということをわかってもらう必要があります。サンボには多彩な投げ、多彩な関節技といったダイナミックな魅力があります。今、柔道では反則が取られるような技も、サンボでは自由にかけることができます。そういうことをよりアピールして、サンボの魅力を世界に伝えていくことが重要だと思います。」

近年、サンボの大会出場者は減少傾向にあったにも関わらず、今年は積極的な普及活動により多くの参加者が集まり、はるばる北海道から参加した選手もいた。上位選手は、3月19日から23日までロシア・モスクワで行われる「ハルランピエフ記念選手権大会」に出場する。

2020プーチン大統領杯第46回全日本サンボ選手権大会
© Sputnik / Denis Korzhov
2020プーチン大統領杯第46回全日本サンボ選手権大会
タグ
サンボ, 日本, ウラジーミル・プーチン, スポーツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント