10:26 2020年04月07日
スポーツ
短縮 URL
新型コロナウイルス (590)
0 30
でフォローする

ギリシャで行なわれる五輪聖火の採火式典は新型コロナウイルスの影響から無観客での実施となる。ギリシャ五輪委員会がサイトで公表した。

発表によれば、新型コロナウイルス拡大に対する対応措置でギリシャ政府が決定を行なった後、ギリシャ五輪委員会は希望者の式典への参加を規制した。

聖火の採火式典は、国際五輪委員会と2020東京五輪委員会から選任された100人の来賓のみによって実施される。式典のリハーサルは3月11日に予定され、観客と報道陣の参加はなしで行なわれる。

五輪聖火の採火式典は3月12日に古代オリンピアで行なわれ、19日にはアテネ・オリンピックスタジアムで2020東京五輪委員会に聖火の引渡しが行なわれる。また、8日間、ギリシャ全土での聖火リレーが実施される。

この間、メディアは、新型コロナウイルスから東京五輪は無観客で実施される可能性があると報じた。

関連記事

トピック
新型コロナウイルス (590)
タグ
病気, 五輪
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント