13:32 2020年06月05日
スポーツ
短縮 URL
日本滞在中のメドベージェワ選手 新型コロナが原因でスキャンダルに (7)
0 11
でフォローする

ロシアのフィギュアスケーター、エフゲニア・メドベージェワ(20)が出演する予定だったアイスショー「美少女戦士セーラームーン Prism on Ice」が、新型コロナウイルスの影響で2021年に延期された。

主催者は、2020年6月に開催を予定していた5公演について「新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の状況を踏まえ、開催の可否について検討を重ねてまいりましたが、お客様・出演者・スタッフの安全と予防・拡散防止を考慮し、開催を延期することに決定いたしました」と発表した。

アイスショーは、2020年6月5~7日にKOSE新横浜スケートセンター(神奈川県)で開催される予定だった。メドベージェワはセーラームーン役で出演すると発表され、話題となっていた。メドベージェワはショーの準備のために練習拠点のカナダから日本に移動し、トレーニングを続けていた。

先に、同じくメドベージェワが出演する予定だったアイスショー「Stars on Ice-2020」も延期された。


関連ニュース

検疫期間のフィギュアスケート:ダンスにチャレンジ、ジャンプの動画、そして新しい趣味【動画・写真】

トピック
日本滞在中のメドベージェワ選手 新型コロナが原因でスキャンダルに (7)
タグ
フィギュアスケート, エフゲニア・メドベージェワ, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント